たまプレとは?

スライドショーには JavaScript が必要です。

たまプレの歴史

『多摩区でプレーパークをやっちゃおう会(通称:たまプレ)』は平成15年に設立されました。多摩市民館の家庭教育学級を受講したメンバーを中心に、立ち上がったのがきっかけです。

その講座では、”子どもにとっての遊びの意味、大切さ”を学習するとともに実際に遊び場を体験し、”遊び場の運営”までを自分たちで考えました。講座が終わる頃には「このまま終わるのはもったいないよね」という雰囲気で残った有志で「何かやってみましょう!」とたまプレが始まりました。

7

団体紹介

私たち、たまプレでは、子どもたちが外で思いきり遊べるよう、また、保護者の皆さんが安心して子育てができる、さらに、地域の方々が子どもの遊びを通して元気になれるよう、さまざまな事業を行っています。

大切にしていること

1.見守ろう


「あれダメ」「これしなさい」「危ない」と言うのではなく、子どもの「やりたい気持ち」を見守ろう。全く口出ししないというわけではなく、子どもには予測できない大ケガに繋がる危険は大人が取り除きます。

35

2.楽しもう

遊びを楽しむのは子どもだけの特権ではありません。4

大人もみんな楽しんじゃいましょう!

3.つながろう

たまプレは、利用者はもちろん、地域の方、行政の方、その他たくさんの方たちの協力・理解を得ながら開催しています。さまざまな年代の人と繋がり、安心感のある「まち」にしていきたいですね!お茶を飲みながらおしゃべりしましょう。6

連絡先

代表:稲田光世
tamapure2004@gmail.com